まつげ育毛剤ラティースについて

 

まつ毛美容液として人気が高いラティースの成分を見ていくと、主な有効成分としてビマトプロストというものがあります。このビマトプロストというのは緑内障の治療で使っている点眼薬で利用されている成分となっていますが、まつ毛を濃くしたり、長く太くしていく作用を持っています。

この成分が活躍していくことによって、まつ毛美容液としてラティースが実用的になっていきます。そしてまつ毛美容液として活用できる他の成分を見ていくと、どれもがまつ毛を成長させていく効果を期待することができます。

では、ラティースを利用していく時に注意しなければならないことは何なのでしょうか。各工程で見ていくと、まずラティースを活用していく前にクレンジングや洗顔、そして化粧水などのスキンケアをしっかりと済ませていきましょう。

もしもコンタクトレンズをつけているという時には、必ず外すようにしてください。次にラティースを自分のまつ毛へ塗っていくためにアプリケータを準備していきます。ラティースのトレーから使用するアプリケータを一つ取り外して水平に持ちます。そしてアプリケータの先端近くへラティースを1滴だけ落としていくようにしましょう。ここでアプリケーターのブラシの部分は決して触ってはいけません。

いよいよ上まぶたへラティースを塗っていくことになりますが、リキッドアイラインをしっかりと引いていくように、上まぶたにあるまつ毛の生え際に沿う形で塗っていきます。この時何回も生え際へ塗りこんでいくのではなく、ラティースはひと塗りで行います。

もしもラティースがまぶたからはみ出てしまった時には、余分な状態の液をしっかりとティッシュなどでふき取っていきます。ティッシュなどは清潔な状態で活用しなければなりません。最後はアプリケータを捨てていくのですが、決して2回以上使わないようにしましょう。一度アプリケーターを使ったら、必ず捨ててください。両目塗る時には2つのアプリケーターを利用することになります。

ラティースはまつ毛を育てていく効果がしっかりとありますが、必ず使用方法は守って行くようにしてください。特にアプリケーターを何度も利用するのは厳禁です。液をつけすぎてしまうのも逆効果ですので、ラティースを何度も塗った時に副作用として目の痒みなどを発してしまうことがあります。使用するラティースの量は必ず守るようにしてください。これでラティースでまつ毛を伸ばしていくことができます。

実はこのまつげ美容液のラティースですが、まつげ育毛剤として定番のルミガンの製造メーカーであるアラガン社が、ルミガンと同一成分で製造したものなのです。

違いといえば、ラティースにはまつげに塗るための専用の使い捨てブラシであるアプリケータが付属していますが、ルミガンには付属していません。

しかしながら、価格面で数倍ラティースのほうが高く販売されていますので、実際のところルミガンと成分は変わらず効果も変わりませんので、お安く済ませたい方は、ルミガンの利用をオススメします。