まつげ育毛剤ルミガンについて

 

緑内障の点眼治療薬として活用されているルミガンは医薬品として効果を十分に期待をすることができます。そんなルミガンをまつげ育毛剤として活用していく時には緑内障の治療で使用していく時と同じようにルミガンを点眼していかなければなりません。ルミガンの液をアプリケーターへ1滴垂らしていき、アプリケーターをまつげの付け根へササッと塗っていきます。このアプリケーターというのは、ルミガンをまつげへ塗っていく際に利用していく使い捨てタイプのアイブラシとなっています。どうしてもアプリケーターがないという時には、その代わりとして綿棒などを利用することもできます。

そんなルミガンのメリットやデメリットを見ていくと、まず個人差がありますが他のまつ毛育毛剤やまつ毛美容液以上に伸ばしていくことができるでしょう。そして通販サイトで購入するとコストパフォーマンスが優れています。1回使用する時にかかる費用も少なく、さっと塗っていくだけなので煩わしいこともありません。

そして使いやすいという点もルミガンが人気を集めるポイントであり、一回慣れると1分かけないで作業を終えることができます。お風呂上りの就寝前にさっと一塗りで終わるというのが魅力的といえるでしょう。

また、まつ毛エクステよりもスピーディーに結果を出すことができます。まつ毛エクステでは装着してまつ毛を長く見せるために時間をかけてしまいますが、ルミガンは徐々に長くなっていき、自然と伸びていることを実感することができるでしょう。

しかし、ルミガンにはデメリットもあります。それは個人差がありますが副作用を発症することがあります。はみ出てしまったルミガンによって、目の充血を引き起こしてしまうことがあったり、痒みがとれなくなってしまうことがあります。購入方法も医師から処方箋としてもらうか通販で購入するしか方法がありませんので、手続きに必要なアイテムがないと厳しくなってしまいます。一般の薬品よりもルートが少ないのもデメリットとなっています。

そんなルミガンの副作用や注意点を見ていくと、ルミガンが皮膚に触れてしまった時にはシミになってしまうことがあります。色素がついてしまうことがありますので、まつげの付け根よりはみ出てしまったルミガンは拭き取っていくようにしましょう。色素の沈着を確認した時にはルミガンを塗るのは中止しましょう。自然と色素は除去されていきます。目に入った時には水ですぐに洗い流してください。